社長メッセージ

一本の糸から製品まで

一貫して企画・販売できる強みを活かし 最高のサービスと共に 常に新しい商品をお客様に提供します。

代表取締役社長の横川栄一です。

当社は1896年(明治29年)に生糸商「佐久間商店」として創業し、その後人絹糸、合成繊維の取扱いを始めました。
現在の丸佐株式会社としては1946年(昭和21年)に創立し、岐阜地区に立脚する繊維の専門商社として歩み続け、2016年に創業120周年、創立70周年の大きな節目を迎えました。

現在の当社は原綿・原糸・紡績糸、テキスタイル、ガーメンツの3事業から成り、企業理念にある「一本の糸から製品まで」をより具現化するために、連携を強化した組織づくりを進めました。
新しいシーズを中心に、新用途、新商品向けに開発された原綿・原糸。それらをトレンド情報、ファッション情報を元にテキスタイルとして実現させ、個々のお客様にミートしたガーメンツ提案に落とし込んでゆく、これが当社の理想とするコンバーティング事業の流れです。原綿を糸に、糸を織編物に、織編物を衣料に・・・。商品により高い価値を付与してお客様に提供していきたいと考えています。
また、近年の原材料価格や中国、アセアンでの人件費の高騰等の厳しい環境の中で、私たちが開発した素材をご提案し、縫製場所まで含めたワンストップでのご依頼商品の生産段取りをお示しできるよう、新しい工場の開拓、品質の維持や納期管理についても、より一層お客様のニーズに応えていけるよう挑戦し続けていきたいと考えています。

私たちは「常にプロ意識」を持ち、お客様からのさまざまな声を素早くキャッチし、持ち備えた知恵と技術と情報を提供しながら、独自の価値を創造します。 地元では老舗の企業であるという誇りを持ちながらも、東レグループの一員であることを積極的にアピールして連携を図りながら、ご満足のいただけるワンストップサービスを提供できる企業を目指します。

代表取締役社長

横川栄一